トップ

母乳不足と便秘

赤ちゃんの便秘の原因

母乳なのに赤ちゃんが便秘に

赤ちゃんを育てる際に、出来れば粉ミルクではなく母乳で育てていきたいと考えていらっしゃるお母さんは多いと思います。

お母さんの母乳には赤ちゃんが健康にすくすく育つための栄養が豊富に含まれていますので、どんな粉ミルクよりも赤ちゃんの栄養状態を整えることができるものになっています。また、母乳で赤ちゃんを育てることには、赤ちゃんの免疫力をアップさせたり、アレルギー予防などをすることができるなどの大きなメリットがあります。

さらに、母乳で赤ちゃんを育てる際のメリットとして、赤ちゃんが便秘を起こしにくいということも挙げられます。母乳にはオリゴ糖が多く含まれており、オリゴ糖が赤ちゃんの腸内を活発化させて腸内にビフィズス菌を多く作り出します。ビフィズス菌は腸内を正常に保つ働きを持っているので、赤ちゃんの便通にも大きな効果を発揮するのです。

しかし、たまに母乳で育てている赤ちゃんであっても、深刻な便秘の症状に悩まされてしまうということがあります。母乳で育てているにもかかわらず赤ちゃんが便秘になってしまう場合には、お母さんの母乳不足であることがまず第一に考えられますね。

お母さんの母乳の量が足りていない場合、そもそも赤ちゃんは母乳をそれほど多く飲むことができていないわけですから、排せつ物である便も少なくなることになります。母乳の量は粉ミルクと違って毎回確認することが難しいため、母乳不足になっていてもお母さんが気づかないという状況もあるでしょう。

ただ、便の回数自体は赤ちゃんによって個人差がありますので、通常より少なめな場合でも便秘等ではなく心配がないようなこともあります。もしも便秘状態かどうかわからないような場合には、まずは小児科などの主治医に赤ちゃんの便通の回数や最近の様子を細かく話したうえで、診断を仰ぐのがより確実だと言えるでしょう。