トップ / 良質ば母乳のためにマッサージ

母乳不足と便秘

良質ば母乳のためにマッサージ

毎日のケアにおっぱいマッサージ

いくら体内で良質な母乳を出していく準備が整っていても、おっぱいが固くなっていたり、上半身の柔軟性が失われていたりすると母乳の出方は良くなっていきません。母乳不足を改善するためには、「おっぱいマッサージ」を並行して行い、母乳の出方を少しずつ改善していきましょう。

母乳の出方は、おっぱいにある乳管と呼ばれる器官が詰まってしまっていることで改善が可能です。おっぱいマッサージは、乳管の詰まりを改善させることにも大きな威力を発揮します。

乳管が詰まったりおっぱいが固くなってしまったりする状態は、おっぱい全体の血行を良くするのが効果的です。そのためには、おっぱいマッサージの中でも「基底部マッサージ」と呼ばれるものをしっかり行うことが大切になってきます。

基底部マッサージは、マッサージを行う手と反対の手でおっぱいの上部を包み込み、おっぱいの側面にもう片方の手のひらを当てて、脇の方からおっぱいの上部に向けて親指を中心に使ってこすり上げるような形でマッサージを行います。

これはおっぱいの下側を中心としたマッサージ方法であり、おっぱいの根元の部分をほぐしていくものになります。下側から血管をほぐしていくことで、血流を良くする効果が高いマッサージ方法となっています。

おっぱいマッサージは、入浴後などの全身の血流が良くなっている際に行うことで、より高い効果を発揮することができます。入浴後のリラックスタイムにマッサージを行って、より母乳が出やすくなるようにしていきましょう。

より詳細なマッサージ方法については、助産院や「おっぱい外来」と呼ばれる病院における指導を受けるのも良いですね。適切かつ効果的なマッサージ方法で、母乳の出方を改善してみてはいかがでしょうか。