トップ / 母乳不足にはたっぷりの水分を

母乳不足と便秘

母乳不足にはたっぷりの水分を

水分補給で母乳不足を解消

時として、赤ちゃんの健康に深刻な影響を与えてしまうようなこともある母乳不足の問題。お母さんの母乳不足を解消するためには、いったいどのようなことを行えばよいのでしょうか。

実は、母乳不足の大きな原因はお母さんが水分不足に陥っているということにあります。ですので、適切な水分補給を行うことで母乳不足を簡単に解消することができる場合も多いのです。赤ちゃんが飲む母乳の約90%程度の成分は水ですので、良質な水分を補給することで、母乳の出方は大幅に改善されると言えますね。

では、授乳期間の水分補給において、具体的に気をつけなければならない点について考えてみましょう。

基本的に、授乳期間中のお母さんは水分を多めに取ることが望ましいと言えます。1日に2リットルから2.5リットル程度の水分を補給することで、良質かつ十分な量の母乳を出すことが可能になるのです。特に授乳の後はお母さんの身体が水分不足に陥りやすいので、早めの水分補給を行うことが肝心です。

もちろん、水分補給を行うと言っても、あまり身体によくない飲み物を飲むのは避けた方が良いでしょう。アルコールはもちろん、カフェインが多く含まれている飲みものは良質な母乳を作り出すという観点からはふさわしくないと言えますね。授乳期間中、特に母乳不足に陥っているときはこれらの飲み物は極力控えて、ミネラルウォーターなどの身体によい飲み物を摂取するようにしましょう。

ミネラルウォーター以外にも、良質な母乳を作り出すためにおすすめの飲み物はいくつかあります。とくにハーブティーやたんぽぽ茶は、身体のリラックス効果や体質改善にも大きな力を発揮する飲み物ですので、積極的に飲むようにすると良いでしょう。母乳不足を補いながら、体質改善もできて一石二鳥だと言えますね。