インプラントのメリット

インプラントのメリットは、直接骨にボルトを結合させ、その上に上物である歯をのせるため、ブリッジのように健康な歯を削らなくて住むという点です。差し歯は土台となる歯をけずり、心棒を差し込み、上物の歯をのせますが、そのうちに差し歯もとれやすくなり、限界が来ます。インプラントは、その最終手段になります。また、入れ歯と違って、調整などの煩わしさもすくないですし、細かい食べ物が入れ歯と歯の間に入ったときの不快感もありません。

歯科用のインプラントの特徴

歯科用のインプラントは、顎の骨にチタンを埋め込み、その上に人工の歯を装着するというものです。粘膜の上にのせているだけの入れ歯とは異なり、本物の歯のような噛み心地が特徴です。人間の場合は、永久歯が抜けてしまうとそれ以上歯は生えてきません。インプラントをすることで、失った歯を取り戻したかのように隅な物を食べられるという患者さんは少なくありません。固い物も安心して噛むことが出来、食事の内容を選びません。

↑PAGE TOP